利尻カラーシャンプー デメリット

利尻カラーシャンプーのデメリットをズバリ!使ったからわかる辛口レビュー

利尻カラーシャンプー


利尻カラーシャンプーのデメリットをずばり! それは、1回では染まらない!
と、いうことだけです…


白髪染めというと使ったらすぐに染まる!というのが理想的ですが、利尻カラーシャンプーは、あくまでもシャンプーなので、一般の白髪染めや、利尻ヘアカラートリートメントのように、1回や2回では色はつきません!
なので、即結果を出したい人にはむきません。

でも、利尻ヘアカラートリートメントと併用する場合には、一般のシャンプーを使うのに比べると数段色持ち、色ツヤがいいです。
ヘアカラートリートメントのデメリットは、
  • お風呂場が汚れる⇒すぐに流せば大丈夫
  • 爪の間に入るとなかなか取れない
  • おでこや生え際につくと、色がつく
それが、利尻カラーシャンプーの場合はありません。
シャンプーはトリートメントと同じ茶色ですが、トリートメントよりもさらに水に流せばすぐに洗い流せて色が残るようなことはありません。



利尻カラーシャンプーもうひとつ、デメリットというと、普通のシャンプーと違って、「パッチテスト」が必要なことです。ここが面倒といえば面倒なデメリットですね。無添加ノンシリコンで頭皮の弱い方でも使える利尻カラーシャンプーですが、敏感肌の人は注意が必要です。 私の場合は、前から利尻ヘアカラートリートメントを使っていたので省略しました(*^_^*)⇒このへんは自己責任でね♪





利尻カラーシャンプーそして、デメリットというわけではありませんが、
内容量の割に高い」ということも購入を悩んでしまうところですね。 200mlが3,780円(割引で購入することは可能です)ですから、かなり高級なシャンプーです。
私も届いたときは、「え?こんな小さいの?」と、ちょっとびっくり(汗)。まぁ2700円で買えたからいいんですけどね。
ショート〜セミロングで1か月〜1か月半とのことでしたけど、私は2か月使えました。(ほぼ毎日、ときどき1日おき)


でも、これなら市販の白髪染めを買う必要がないので、その分出費がなくなります。

私の場合、普通に白髪染めをして全く白髪がない状態をキープするには、3週間に1回の白髪染めが必要です。
2か月だと、2回は白髪染めを買わないといけないわけです。
1本1000円以上のものを使っていますが、1000円で計算しても2000円は余分にかかるってことです。
つまり、2か月間のシャンプー代と計算したならば、3780円−2000円なので、1780円です。
ってことは、1か月分は890円。
利尻カラーケアトリートメントと一緒に使ったら、1か月のヘアケアにかかる費用は、1780円ですね。
つかってみてわかりましたが、利尻ヘアカラートリートメントだけを使っていた時よりも、髪の毛がしっかしコシがでてツヤもでてきました。

普通のシャンプーだったら、シャンプー、コンディショナー、週に1回くらいはトリートメント、月に1回くらいは白髪染め…と、これをトータルで計算してみると…

白髪染め剤もトリートメントもいらない利尻ヘアカラートリートメント&利尻カラーケアーコンディショナーなら、1か月のヘアケア代がたったの1780円ですんじゃいます!ロングヘアーのかたは、もう少しかかると思いますが、それは普通のシャンプーの場合も同じですよね。

こうして考えたら、利尻カラーシャンプーの最大のデメリットは「パッチテスト」くらいでしょうか?

利尻カラーシャンプー


利尻カラーシャンプーで白髪が染まる理由

利尻カラーシャンプーのデメリットをズバリ!使ったからわかる辛口レビュー

サスティの独自技術で、きめ細かい泡が髪に付着してむらなく染まります♪ しっかり白髪を染めるポイントは「泡立ち」です!
しっかり泡立てるには、
  • あらかじめブラッシングして、髪の毛の表面のほこりを取り除いておく
  • しっかりと髪の毛を濡らす
シャンプー前のブラッシングは、頭皮を刺激して、汚れを浮き上がらせる効果もあります。
整髪料などを使っている方は、しっかりとお湯で洗い流してください。濡らし方が足りないとあまり泡立ちません。

洗う・染めるが一緒にできてとっても楽ちん♪
あなたも今日から簡単白髪染めを始めてみませんか?

≫利尻カラーシャンプー体験談


ベルタ育毛剤は白髪にも効果あり?
ホーム RSS購読 サイトマップ